屋根は、おうちの要です。365日、日差しや雨からご家族を守ってくれています。
定期的にメンテナンスしてあげる事で格段におうちの寿命が延びますよ!

近年、台風による屋根の被害が急増しています。瓦屋根のおうちにお住いのお客様から、瓦が飛ばされるのが心配なので葺き替えたいというご相談を沢山いただきます。被害がでたあとですと、ご依頼が多く雨漏りがする状態で大変お待たせしてしまう事もあります・・。

被害が出る前に是非ご検討ください!

↑↑葺き替え工事の工程を写真付きで説明しています↑↑

屋根葺き替え 工事実例
屋根工事施工例01
N様邸 屋根葺き替え工事
瓦屋根から「横暖ルーフ」という金属屋根への葺き替え工事。
瓦から軽くて丈夫な金属屋根に変えるお客様はどんどん増えています。
瓦から金属屋根に葺き替えると、だいたい約10分の1くらいの重さになります!びっくりですよね!
これで台風や地震の時の心配も減りました。
屋根工事施工例03
O様邸 屋根葺き替え工事
瓦屋根から金属屋根「横暖ルーフ」への葺き替え工事。
重い瓦から軽量な金属屋根「横暖ルーフ」へ交換しました。
ものすごく印象が変わりますね!とてもスタイリッシュな屋根になりました。
屋根工事施工例04
O様邸 屋根葺き替え工事
瓦屋根から金属屋根「横暖ルーフ」への葺き替え工事。
こちらも軽量の屋根にしたため、地震や台風への心配が減りました。
横暖ルーフは断熱材が付帯されているので、断熱性にも優れています!
屋根工事実例10
M様邸 屋根葺き替え工事
瓦屋根から金属屋根「横暖ルーフ」への葺き替え工事。
瓦屋根のおうちで、重さによる耐震性の不安から軽い金属屋根への葺き替えをしたいとのご要望でした。
今回は千鳥葺きという屋根の継ぎ目が等間隔に揃う葺き方をしたので、見た目がとてもきれいに仕上がりましたね!
屋根工事実例12
S様邸 屋根葺き替え工事
瓦屋根から金属屋根「スタンビー」への葺き替え工事。
こちらのお客様は、お家を建ててから屋根の下地等の手入れを1度もしたことがなく傷み等が心配なのと、
瓦が重いので地震の度に崩れたりしないか心配だったそうです。
今回は「スタンビー」という金属屋根材を使用しました。スタンビーは屋根材を縦向きに葺く縦葺きも可能で、
雨が降っても水が上に溜まらず下に流れていくので、屋根の勾配が比較的に緩やかな屋根にも施工することが出来ます。
軽い金属屋根にしたことで、地震の時の心配も減りました。
屋根工事施工例02
Y様邸 屋根葺き替え工事
スレート屋根から金属屋根「横暖ルーフ」への葺き替え工事。
スレート屋根のメンテナンス方法としては防水塗装がありますが、10年に1回程度が望ましく手間がかかります。
ですので、金属屋根へと葺き替える方はとても多く、今回はカバー工法という既存の屋根の上に新しく軽量の屋根を被せて葺くという方法で、
既存の屋根材を剥がさなくてもいいので、工事日数も少なく施工することができます。
屋根工事実例11
H様邸 屋根葺き替え工事
スレート屋根から金属屋根「横暖ルーフ」への葺き替え工事。
スレート屋根は防水性能が低く、定期的な塗装などのメンテナンスが必要ですが、
金属屋根はそういったメンテナンスが不要なので、丈夫な上に手間いらずな屋根材です!
屋根工事実例13
M様邸 屋根葺き替え工事
スレート屋根から金属屋根「横暖ルーフ」への葺き替え工事。
こちらはスレート屋根の中のカラーベストという商品で、薄くて軽量な事に加えてカラーバリエーションが豊富なため、現在も多くの住宅に使用されています。
スレート屋根は年数が経つと防水性がなくなり、こちらの屋根と同様に苔やカビが生えてしまっているおうちを良く見かけます。
今回もカバー工法という葺き方でなので、廃材が少なく工期も短く済みました!
屋根工事実例05
T様邸 屋根葺き替え工事
トタン屋根から、金属屋根への葺き替え工事。
縦に使う「たてぶき」の屋根材なので、仕上がりがかっこいいですね。
屋根塗装 工事実例
屋根工事実例08
F様邸 瓦屋根塗装工事
こちらの屋根はモニエル瓦という種類で、日本瓦よりも軽量で耐震性も高く耐熱性等も備えているため、
防水塗装のメンテナンスを行ってあげると瓦が長持ちします。
塗装後は目をひく鮮やかな赤色が美しい仕上がりになりました!防水性能もばっちりです!
屋根工事実例09
H様邸 瓦屋根塗装工事
こちらもモニエル瓦の屋根で、表面の塗装が剥がれてザラザラしており、苔やカビの汚れも目立っていました。
塗装後は、山吹色のような色味が素敵な明るい屋根になりました!
「工事中の作業を写真に撮って見せてくれたので、安心して任せることができました」と喜んでくださいました。
屋根工事実例07
Y様邸 屋根塗装工事
他の工務店さんにもお見積りの依頼をされていたそうで、最終的に弊社の技術を選んで工事のご依頼をくださいました!
この屋根はカラーベストを使用したうろこ屋根で、全体的に塗装が剥がれてカビや苔も生えてしまっています。
カラーベスト自体は防水性が弱いため、塗装で防水機能を高める必要があります。
塗装後はうろこ屋根の美しさがよみがえりましたね。
屋根工事実例14
M様邸 屋根塗装工事
こちらはスレート屋根と呼ばれるもので、ほとんど防水性がなく塗装で防水性を確保しています。
塗装の防水効果は約10年を目安に切れてしまうので、10年ごとに塗装メンテナンスを行い防水性の確保が必要になります。
まず、カビや苔などを高圧洗浄機でおとし、下塗り、中塗り、上塗りをして仕上げていきます。
定期的なメンテナンスは必要ですが、屋根を葺き替えなくても塗り替えだけでここまできれいになりました!
そ の 他
屋根工事実例06
A様邸破風ガルバ巻き工事
屋根の中に雨風が入ることを防ぐ役割がある破風板がボロボロになってしまっています。
ガルバニウム鋼板を巻く事で、屋根が丈夫になる事はもちろん見た目もかなり良くなります!

お気軽にお問い合わせください。0120-180-654受付時間 9:00-18:00 [ 火曜定休 ]

お問合せフォームはコチラ