ベランダ防水リフォーム E様邸

こんにちは!横浜市戸塚区にある工務店、株式会社ライズリカバリーです。

年末年始の休業のご案内です。弊社は12/30~1/4までお休みさせていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは、本日は横浜市戸塚区のE様邸のベランダ防水リフォームの紹介です。

お客様のお家のベランダは防水メンテナンスをしばらくやられていなかったそうで、色あせや細かいひび割れ等の劣化症状がみられました。

ベランダは日中は紫外線を浴び、雨の日は雨を受け止める場所でもあるので、外的要因により傷みやすい場所でもあります。最悪、ひび割れや防水効果の低下により雨水が侵入し、雨漏りを引き起こしてしまうこともありますので、ぜひ一度お家のベランダをチェックしてみてくださいね。

今回は、ウレタン防水と呼ばれる工法で防水リフォームを行っていきますよ。

Before

はじめに下地処理から行います。ケレンと呼ばれる作業で表面の汚れ等を削り落とし、下地表面を整えます。

下地処理後はプライマーを全体に塗布していきます。プライマーはこの後に塗るウレタン塗料と下地との密着性を高めることで、防水効果を長持ちさせます。

プライマーの乾燥後、ウレタン塗料を塗ります。ウレタン塗料はウレタン樹脂が液状になっているもので、ツヤツヤした見た目が特徴的ですね。液状なので、つなぎ目を作らずにどんな形状のベランダにも施工が可能です。ですが、塗膜に均一な厚みをもたせるのはベテランの職人技でもあります!

立ち上がり部分等は刷毛で、平面な部分はローラーで、道具を使い分けて塗っていきます。

ウレタン1層目が乾燥したら、2層目を塗装します。重ねて塗ったウレタン樹脂は乾くとゴム状で一体性のある防水層を形成します。つなぎ目がないので、隙間からの雨水の侵入を防ぐことができます。

ウレタン2層目も完全に乾燥したら、仕上げにトップコートを塗り、防水工事の完成です。トップコートは汚れや紫外線から防水層を守り、防水層の劣化を抑える役割があります。

After

ベランダ防水リフォームの完成です!

つなぎ目のない美しい防水層ができたので、雨漏りの心配もなくなりましたね。表面のトップコートを目安として5年ごとに塗り替えを行っていただくと、さらに防水層が長持ちしますよ!

お客様も「手際よくやってもらえてる感じがしました。丁寧でよかったです」と喜んでくださいました!

本日は今年最後のブログ更新でした。

2022年も多くのお客様のお家をリフォームさせていただき、誠にありがとうございました!

来年はさらに多くのお客様に出会い、リフォームを通して地域に貢献していけるよう邁進してまいります!

それでは、皆様よいお年をお迎えください。

弊社では、ベランダ防水リフォームのほかにも屋根葺き替え工事や外壁塗装、トイレやキッチンなどの水廻り、内装工事、ウッドデッキやベランダ・お庭などの外構工事、サッシ工事など

おうちのどんな工事でもやらせていただきます。

小さなことでも担当者がすぐに駆け付けますので、お気軽にご連絡ください。